歯の治療には、保険が適用されるものと適用されないものがあります。

オールセラミックの差し歯にするときは、保険が適用されないので、オールセラミックの差し歯そのものの費用だけでなく、治療費や診察費用などがすべて自己負担になります。
そのためオールセラミックにすることで、耐久性が高く美しい歯を手に入れることができるのに金銭的な面で治療を諦める人も少なくありませんでした。

しかしオールセミラックの良さを多くの人に知ってもらいたい、適正価格で提供したいという考えから、JDFが驚くほど安い値段でオールセラミックの差し歯治療を行っています。
患者さんが治療に不安を感じないようにするため、オールセラミックの差し歯は1本につき47000円だと明示しています。さらに技術料は1本にしても複数本にしても一律で25000円になっています。

そのため前歯3本以上といったたくさんの歯を一度にオールセラミックにする患者さんも増えています。今までよりも安い値段でオールセラミックにすることができるようになり、さらに1本あたり2回程度の通院で終わることもあるので手軽さが魅力になっています。多くの人の美しい歯を手に入れてもらいたいという考えから、各地に提携している医院があり、同じ質の高い施術を受けられるようになっています。

[PR]
by fopzij3lh6 | 2017-03-23 19:11 | 前歯3本を差し歯にする値段

オールセラミックの差し歯は陶器と同じ素材で作られています。美しさと耐久性に優れており、特に目に付きやすい前歯の場合、金属よりもオールセラミックが多く選ばれているようです。しかし銀歯と違って保険適用とはならないため、値段は銀場の20倍ほどに跳ね上がります。

高額なオールセラミックではありますが、自分の歯と同じ色に調整できるほか、経年劣化が少なく変色しにくいなど多くのメリットがあります。金属と違って外見の印象が自然ですから、話すときや笑う時に口元を気にする必要がありません。

同じ保険適用外の差し歯にハイブリッドセラミックもありますが、こちらは歯科用樹脂のレジンが含まれており、年数が経つと変色する場合があります。
オールセラミックの費用は医療機関によって差がありますが、1本につきおおよそ10万円前後。

前歯4本をオールセラミックの差し歯にすると約40万円が必要となる計算です。ネットで様々な医療機関を探すことができます。安いところだと約5万円という場合もありますので、調べてみてもいいでしょう。治療は2~4回程度で済みます。

高額な値段ではありますが、オールセラミックは長持ちしますし、口元を気にせずに生活できる快適さを考えると、必ずしも高すぎる買い物とはいえないようです。


[PR]
by fopzij3lh6 | 2017-03-22 19:11 | 陶器

前歯の歯並びにコンプレックスを持っている方も多いと思います。出っ歯だったり歯並びが乱れているため、歯医者さんで直してみたいと考えている大人の方は増えています。

乱れた前歯の歯並びを治すには、矯正歯科で歯列矯正の治療を受ける方法が最も効果的といえるでしょう。しかし、矯正は治療費が高い上に長期間器具を装着する必要があるので、かなり負担のかかる治療法といえます。

もっと気軽に前歯のコンプレックスを解消したい場合は審美治療がおすすめです。審美歯科で前歯をオールセラミックの差し歯に代えてもらうだけで、かなり綺麗な口元になります。上の前歯4本だけでもオールセラミックにしてもらうだけで、出っ歯や歯並びの悪さを効果的に改善することができます。
オールセラミックは審美治療で使われる人気の高い差し歯です。芸能人も使うことが多く、天然の歯に見劣りしない自然な白色なので、安心して使っていくことができるでしょう。

オールセラミックは審美的に優れていますが、値段が高いのが唯一の難点といえます。しかし、ジャパンデンタルフロンティア(JDF)と提携している歯科医院なら、お得な値段でオールセラミックの前歯にしてもらうことが可能です。
前歯にコンプレックスを感じている場合は、安い治療費でオールセラミック治療を受けられる、JDFと提携している歯科クリニックを選択することをおすすめします。



[PR]
by fopzij3lh6 | 2017-03-21 19:11 | 歯並び

前歯の差し歯にオールセラミックを選んだ場合、値段の幅は広いです。
安いと1本5万円からできますが、高いと1本20万円になります。
平均すると10万円程度になるとされていますが、治療を受けた歯科医によっては、もっと安い値段になったり高くなったりするのです。
ここまで差がある理由は、オールセラミックの差し歯は健康保険の適用外だからです。
健康保険が適用されない治療は、医療機関が自由に値段を決めることができます。

そのため、歯科医によって値段が違い、大きな差が出ているわけです。
平均的な相場が10万円程度だと、オールセラミックの差し歯は高額だと思うかもしれません。

ですが、オールセラミックの差し歯に使う素材自体は、それほど高額ではありません。
値段が他より安いと不安になりますが、高品質の素材を使いながら、相場よりも安い値段でオールセラミックの差し歯を提供する歯科医は存在しています。
差し歯にするときにオールセラミックを選びたいなら、こうした良心的な歯科医を選ぶと良いでしょう。

良心的な歯科医なら、平均相場の半額でオールセラミックの差し歯にできます。
安い値段でも高品質なので、安心して治療を受けることができるはずです。

[PR]
by fopzij3lh6 | 2017-03-20 19:11 | 前歯3本を差し歯にする値段

前歯4本をオールセラミックの差し歯にするのにかかる値段は、オールセラミックの差し歯は、耐久性にとても優れており、金属を使用しないので金属アレルギーの人にとっても安心して使用できるので便利で、主に前歯の差し歯に使われています。

オールセラミックは、歯科医院によって値段が変わってきますが、安いところと高いところでは前歯1本に何十万という差が出てきてしまうので、前歯4本となるとものすごい差が出てくるので、歯科医院をよく調べてから通う方がとてもいいです。前歯4本セットなど安くなるプランなどもあるのでより安いところでするには、調べて後悔のないようにしないといけないです。

オールセラミックにすることによって、見た目がきれいになるし、自然な仕上がりになり、金属を使ってないので目立たなくて、耐久性に優れているのですが、歯に負担がかかる、値段が高いなどがあるので、歯の治療をする際にはよく考えなければなりません。

前歯4本をオールセラミックの差し歯にするのにかかる値段は、歯科医院によって値段が安いところ、高いところと変わってきてしまうので、よく調べてからセットなどの安くなるプランを選ぶことがとても重要となってきます。



[PR]
by fopzij3lh6 | 2017-03-19 19:11 | 金属アレルギー

前歯に差し歯をする場合

差し歯にもいくつかの種類があって銀歯や金歯の他にレジンやセラミック、メタルボンドや最近ではインプラントなどが流行っています。

それぞれ値段が異なってきて保険が適用されるかされないかで何倍、何十倍の費用の差が出て来ることもあります。
安いものだと普通の銀歯で保険適用なら数千円の費用で済みますが、保険適用外の全て自己負担のものになるとオールセラミックで数万円から数十万円の費用がかかるようになります。
特に前歯に差し歯をする場合は銀歯を使うということは多くの場合で選択肢にはならないので、少なくともレジンというプラスチックのような樹脂素材の差し歯を使うことになるでしょう。
しかしレジンの場合は数年で傷んできたり変色をしてきたりすることもあるので、セラミックといわれる陶磁器のような素材の差し歯を用いたり、ジルコニアといわれるセラミックと似た素材を用いたりします。

セラミックやジルコニアは殆どの場合保険適用外になるので、値段も高額となってくるため使用をしたい場合はしっかりと歯科医で治療に掛かる費用を前もって聞いておくようにしましょう。
特に数本いっぺんに処置をする場合はそのぶん費用も高額になってくるので、事前の確認が大切だと言えます。

[PR]
by fopzij3lh6 | 2017-03-18 19:11 | 前歯の差し歯

自前の歯を何時までも残すことは健康寿命を延ばす上でとても大事なことです。

好きな食べ物を食べるには歯の状態がよくないととても苦労します。液体やゲル状の食べ物ばかりでは十分な栄養補給も難しくなります。
バランスの良い食事を美味しくいただくことこそが健康な日常を送るにはとても重要です。特に歯の中で前歯は人目につき目立ちますので綺麗に直したいものです。

安い治療法としては保険の使える差し歯などがあります。値段的には安くそして比較的短期間に治療を終えることが出来ます。その一方長期にわたっての耐用年数には目をつぶることになります。もちろん、通常の治療で通常の食べ物を食べていれば、数ヶ月で使い物にならなくなることはありません。それでも、10年持てば十分といわれています。

そうなると、また同じような治療を受けることになります。このような治療を面倒に難じるならインプラントを選ぶことも一つの選択肢です。インプラントのオールセラミックなら半永久的に使用することが出来ますし、見た目もとても美しく仕上がります。問題としては、値段が高額になることです。値段に関しては1本20から50万円程度で保険の適用外ですので全部実費となることから、前歯4本の治療ですと100万円を越えることもあります。

[PR]
by fopzij3lh6 | 2017-03-17 19:11 | 健康寿命

前歯の差し歯は、保険適用内から適用外を含めると、1本あたり3000円~20万円という値段の差があります。

保険適用内の場合には、8000円以内で収まることがほとんどですが、オールセラミックなどの保険適用外のものでは、1本あたり4万円~20万円といった高額な費用がかかってしまいます。
保険が適用される差し歯は、なんといっても費用が圧倒的に安いというメリットがあり、奥歯の場合は銀歯になりますが、前歯はある程度見た目がよい白いレジン素材が使用されますから、見た目に違和感はありません。

ただ、全体がレジンなので、噛み合わせが強い部分には不向きで、時間が経つと黄色く変色するというデメリットがあります。
一方、保険が適用されないハイブリッドセラミックやオールセラミックは、審美性が高く、優れた素材といえます。
ハイブリッドセラミックは、金属のコアがなく、素材自体の強度が強いため、噛み合わせの力がかかる部分でも使用することができ、金属アレルギーもないというメリットがあります。

オールセラミックは、汚れが着色しにくく、変色の心配もないので、審美性が高いという特徴があります。
ただ、セラミックなので、割れやすいというデメリットがあります。
保険外の高額な素材であっても、必ずしも耐久性が保証されるものではなく、歯科医や歯科技工士の技術に大きく依存しますから、信頼できるクリニックを選ぶことが大事です。

[PR]
by fopzij3lh6 | 2017-03-16 19:25 | 噛み合わせ

差し歯が取れてしまった、また前歯が欠けて新しくしたいという場合にはきれいな歯にするチャンスです。
今まで保険適用内の歯にしていた方、またこれからオールセラミックにしたいということで検討されている方にお勧めなのが、お値段は安いのに納得いく治療をしてくれるクリニックです。
前歯4本オールセラミックにするだけで、かなり印象が違ってきます。
また、クリニックによっては、歯の値段だけではなく、技術料というものが加算されるのは一般的ですが、その技術料が、異様にたかかったり、1本ずつ請求してくるところもあります。
しかし、安いところですと、技術料は何本でも同一料金というところもあり、最終的に料金の差がかなり出てくるということもあります。

高いからやめようということで躊躇している方もいるかもしれませんが、思っているよりも安く仕上げてもらうこともできるかもしれません。
また、安いからといって素材が貧相ということはありませんし、他のクリニックと同じオールセラミックであっても、料金設定の違いで異なるということもありますので、詳しくどの素材を使っているのか、ということを確かめてみたうえで検討してみることはとてもおすすめです。



[PR]
by fopzij3lh6 | 2017-03-16 19:25 | きれいな歯

前歯は奥歯と異なり目立ちますので、保険適用のプラスチックの差し歯にすると審美性を損ねてしまいます。
前歯をオールセラミックの差し歯にすると表情が美しくなりますが、オールセラミックの差し歯は値段が高い点が大きなネックです。

オールセラミックスの差し歯の相場は1本あたり10万円程度ですので、前歯3本をオールセラミックの差し歯にすると、約30万円の料金になります。
しかし、審美歯科によっては、1本あたり税込47000円でオールセラミックの差し歯にすることができるところもあるので、そういったところは相場と比べると圧倒的に値段は安いです。

オールセラミックの差し歯が1本あたり税込47000円の審美歯科だと、前歯3本をオールセラミックにした場合の値段は141,000円になります。この値段は相場の半値以下ですので、とても安い値段で前歯3本を綺麗な歯にすることができます。

値段が安くても、安かろう悪かろうではなく、使用している素材は一流品ですので、1本あたり10万円の歯と比べても何ら遜色はありません。
製作は熟練の技術を有している歯科技工士が行っていますので、高品質な歯に仕上げることができます。東京と神奈川、名古屋と大阪の審美歯科で治療が受けられますが、遠方に住んでいる方でも治療を受けることが可能です。

[PR]
by fopzij3lh6 | 2017-03-16 19:17 | 前歯3本を差し歯にする値段