オールセラミックの差し歯は陶器と同じ素材で作られています。美しさと耐久性に優れており、特に目に付きやすい前歯の場合、金属よりもオールセラミックが多く選ばれているようです。しかし銀歯と違って保険適用とはならないため、値段は銀場の20倍ほどに跳ね上がります。

高額なオールセラミックではありますが、自分の歯と同じ色に調整できるほか、経年劣化が少なく変色しにくいなど多くのメリットがあります。金属と違って外見の印象が自然ですから、話すときや笑う時に口元を気にする必要がありません。

同じ保険適用外の差し歯にハイブリッドセラミックもありますが、こちらは歯科用樹脂のレジンが含まれており、年数が経つと変色する場合があります。
オールセラミックの費用は医療機関によって差がありますが、1本につきおおよそ10万円前後。

前歯4本をオールセラミックの差し歯にすると約40万円が必要となる計算です。ネットで様々な医療機関を探すことができます。安いところだと約5万円という場合もありますので、調べてみてもいいでしょう。治療は2~4回程度で済みます。

高額な値段ではありますが、オールセラミックは長持ちしますし、口元を気にせずに生活できる快適さを考えると、必ずしも高すぎる買い物とはいえないようです。


[PR]
by fopzij3lh6 | 2017-03-22 19:11 | 陶器