カテゴリ:前歯の差し歯( 1 )

前歯に差し歯をする場合

差し歯にもいくつかの種類があって銀歯や金歯の他にレジンやセラミック、メタルボンドや最近ではインプラントなどが流行っています。

それぞれ値段が異なってきて保険が適用されるかされないかで何倍、何十倍の費用の差が出て来ることもあります。
安いものだと普通の銀歯で保険適用なら数千円の費用で済みますが、保険適用外の全て自己負担のものになるとオールセラミックで数万円から数十万円の費用がかかるようになります。
特に前歯に差し歯をする場合は銀歯を使うということは多くの場合で選択肢にはならないので、少なくともレジンというプラスチックのような樹脂素材の差し歯を使うことになるでしょう。
しかしレジンの場合は数年で傷んできたり変色をしてきたりすることもあるので、セラミックといわれる陶磁器のような素材の差し歯を用いたり、ジルコニアといわれるセラミックと似た素材を用いたりします。

セラミックやジルコニアは殆どの場合保険適用外になるので、値段も高額となってくるため使用をしたい場合はしっかりと歯科医で治療に掛かる費用を前もって聞いておくようにしましょう。
特に数本いっぺんに処置をする場合はそのぶん費用も高額になってくるので、事前の確認が大切だと言えます。

[PR]
by fopzij3lh6 | 2017-03-18 19:11 | 前歯の差し歯