カテゴリ:噛み合わせ( 1 )

前歯の差し歯は、保険適用内から適用外を含めると、1本あたり3000円~20万円という値段の差があります。

保険適用内の場合には、8000円以内で収まることがほとんどですが、オールセラミックなどの保険適用外のものでは、1本あたり4万円~20万円といった高額な費用がかかってしまいます。
保険が適用される差し歯は、なんといっても費用が圧倒的に安いというメリットがあり、奥歯の場合は銀歯になりますが、前歯はある程度見た目がよい白いレジン素材が使用されますから、見た目に違和感はありません。

ただ、全体がレジンなので、噛み合わせが強い部分には不向きで、時間が経つと黄色く変色するというデメリットがあります。
一方、保険が適用されないハイブリッドセラミックやオールセラミックは、審美性が高く、優れた素材といえます。
ハイブリッドセラミックは、金属のコアがなく、素材自体の強度が強いため、噛み合わせの力がかかる部分でも使用することができ、金属アレルギーもないというメリットがあります。

オールセラミックは、汚れが着色しにくく、変色の心配もないので、審美性が高いという特徴があります。
ただ、セラミックなので、割れやすいというデメリットがあります。
保険外の高額な素材であっても、必ずしも耐久性が保証されるものではなく、歯科医や歯科技工士の技術に大きく依存しますから、信頼できるクリニックを選ぶことが大事です。

[PR]
by fopzij3lh6 | 2017-03-16 19:25 | 噛み合わせ